友達の孫が産まれ、名前で悩んでいることを聞き思い出したこと

友達が孫の名前で悩んでいることを聞き、自分の名前のことや息子に名前を付けた時のことを思い出しました。
私は未熟児で産まれたそうです。父が名前を付けるとき、「かる子」にしようと思って役場に行ったそうです。子供ながらにショックでした。そんな名前は聞いたことがありません。役場の人が「それはおかしい」と言ったので、「加代子」にしたらしいのです。50音図の隣の行にあったからだなんて。なんといういい加減な名前の付け方でしょう。役場の戸籍係の人のおかげで、私は今の名前になったのです。名前は一生ついてまわるものですからもう少し考えてほしかったと思ったものです。
かく言う私も息子が産まれた時、まさか男の子とは思わず勝手に「ゆき」と決めていましたが、出てきたのは男の子で、では「ゆ」を伸ばして「ゆうき」にしようと言って夫と決めたのですから。
最近はキラキラネームと言って、「子」のつかない名前がほとんどです。「子」がついているとシワシワネームなどと言われますが、最近また「子」のつく名前が復活していると聞き、うれしく思います。
いずれにしても、親は子供の名前をつけるのに幸せを願ってつけることは間違いないので、父の話は冗談だったのかと思います。もう確かめる方法もありませんが。お嬢様酵素 通販